【最新号】月刊『民藝』2022年1月号(829)特集「富本憲吉 ―人と仕事」
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

【最新号】月刊『民藝』2022年1月号(829)特集「富本憲吉 ―人と仕事」

¥870 税込

送料についてはこちら

日本民藝協会の機関誌として発行している月刊誌『民藝』。一般の方にもご購入いただけます。 2022年1月号は「富本憲吉 ―人と仕事」特集です。 富本憲吉(1886-1963)は旧家の生まれ。東京美術学校で学び、ロンドンへ留学しました。初期の民藝運動に参加した陶芸家で、その中心人物の一人として柳宗悦関わりも深く、「日本民藝美術館設立趣意書」(1926年)にもその名を連ねています。しかしながら、後に考え方の違いから民藝運動とは別の道を歩んだことは知られている通りです。とはいえ、柳たちと絶縁したわけではなく、バーナード・リーチ、河井寛次郎、濱田庄司との交流は続き、彼らと共に日本の陶芸界を牽引した人物でもありました。  本号では、民藝運動の黎明期から揺籃期にかけての富本の関わりを辿ると共に、家族のことや郷里安堵村のことなど、富本が生涯大切にしてきたものの一端を紹介します。 判型   A5判 ページ数 64ページ(カラー32頁、モノクロ32頁) 発行日  2022年1月1日 目次はこちら↓ https://www.nihon-mingeikyoukai.jp/info/mag2201/ ※同号の複数冊、過去のバックナンバーをご希望の方など、お問い合わせはお手数ですが当協会までご連絡ください(mail: mingeikyoukai@gmail.com/電話 03-3467-5911)。